〜長寿遺伝子研究の白澤卓二〜 ブログ版

1日1缶でやせる! さば缶で糖質オフの晩ごはんダイエット

白澤先生が医療監修を務めた、人気のさば缶のレシピ本

「1日1缶でやせる! さば缶で糖質オフの晩ごはんダイエット」

が発売されました。

 

 

さば缶なら糖質オフが辛くない! 
1か月で1〜2キロ、確実にやせられます

 

やせホルモンGLP-1で、太りにくい体になるのはもちろん、コレステロール値や血糖値を正常にし、生活習慣病予防にも効果のあるさば缶なら、誰でもラクラク糖質オフの食生活に。

 

Part1では、生で食べるよりも健康効果の高い、さば水煮缶の本当にすごいやせパワーの秘密を徹底解説。
その後、食べる量や回数など、医師がすすめる「さば缶ダイエット」の基本のやり方をいくつかの注意点と共に伝授します。

 

Part2では、毎日食べても飽きない味にこだわり、仕事で遅く帰った日でもパパっとつくれるレシピを揃えました。簡単に作れる理由は、下記の条件をそれぞれ満たすレシピだから。
・使う食材は2つだけ
・レンジで完成
・混ぜるだけレシピ
・週末5分で作り置き

2〜3週間経ったころから、確実に体が軽くなります! 

結局やせるのに「さば缶」が最強でした!

 

是非、この本を参考にさば缶晩ごはんダイエットを実践してみてください!

 

 

0

    自分で治す認知症 予防と対策

    55〜75 歳のシニア世代をメインターゲットにした健康ムックシリーズです。
    若い頃に比べてカラダに不調を感じることが増えたり、健康診断で再検査の印がついたりと、
    より健康に気をつかいはじめる世代でもあります。
    そんな第4弾のテーマは最近、患者が急上昇しているという「認知症」。
    医師、トレーナー、管理栄養士といったあらゆるスペシャリストが自分で治す方法を提示します。

     

    「自分で治す認知症 予防と対策」

     

     

    現在65歳以上のシニア世代の7人にひとりが認知症患者といわれています。

    認知症は、第一に予防、そして正しい知識を持った上で改善をはかっていくことが必要です。

    また、認知症は自分自身だけの問題ではありません。

    家族が認知症になってしまった時、介護する側の正しい理解と対応は認知症の進行にも関わってくる重要な問題となるのです。

     

    本書では、各界の名医や専門家が登場し、薬の正しい選び方、食生活の改善、脳トレ、ストレッチ、認知症の家族との接し方等、様々なアプローチで認知症の正しい知識や、改善・予防方法を紹介しています。

    最新医療に基づいた情報から、すぐに実践できるトレーニングまで。認知症の全てがつまった一冊です。

     

    是非お手に取ってみてください。

     

    0

      解毒・神経再生治療でアルツハイマー病は予防・治療できる!

      すばる舎より、白澤先生の著書

      「 解毒・神経再生治療で

      アルツハイマー病は予防・治療できる!」

      が刊行されました。

       

       

      仕事や生活の中で、ふと感じる認知機能の不安
      家族のアルツハイマー病・認知症が心配
      自分自身の予防と、家族の症状改善のために、今すぐ取り組みたい認知症の予防法と脳神経再生治療の最新知識

       

      アルツハイマー病は、ApoE遺伝子リスク、炎症、脳や全身の栄養不足、カビや重金属による毒物曝露など、複合的な原因によって発症する病気です。
      これらの原因で死滅した脳神経をサイトカインによって再生させる治療が始まっています。


      脳神経細胞をいかに守り、再生につなげるか
      最新研究に基づいて、予防・治療の知識をアップデート!

       

      アルツハイマー病・認知症治療の最前線を知ることにより、患者・家族にとっての新しい選択肢を紹介する一冊となっています。

      是非お手にとってご覧ください。

       

      0

        健康長寿革命 オリーブオイルで認知症予防 100歳時代を生き抜く!

         

        笠倉出版社より白澤先生による書籍

        『健康長寿革命 オリーブオイルで認知症予防 100歳時代を生き抜く!』

        が出版されました。

        是非お手に取ってご覧ください!

         

        ------------------------------------------------

        認知症についての常識が、今覆りつつあります。

        近年の研究により、認知症には「なにを食べ」「どんな生活を送っているか」こそが大きく関係していることが分かってきました。日々の食生活による脳へのダメージを避け、健康長寿を実現するために、本書では「オリーブオイル」をオススメしています。

        地中海食などでこれまでも注目を集めてきたオリーブオイルですが、最新の研究によって、認知症におおきく関わる物質「アミロイドβ」を脳から除去する作用まであることが明らかになってきました。

        オリーブオイルを1日大さじ1杯摂取するだけで、健康寿命を底上げする効果が期待できるのです。

        科学的なエビデンスに基づいたオリーブオイルのパワーをていねいに解説するほか、今日から実践できるオリーブオイル活用レシピもたっぷりご紹介しています。
        ------------------------------------------------

         

        抗酸化、抗炎症、解毒のためには、質のいい油をとることが何より大事だと私は思っています。油は体内の炎症に大きく関係していますし、有害物質は脂質のなかに溶け込んでいるものが多いので、質のいい油をとることが、有害物質の排泄を促すことにつながります。認知症予防によい油として知られているのは、EPA・DHAやココナッツオイルですが、私はさらにオリーブオイルをおすすめします。最近の研究で、オリーブオイルに認知症予防効果があることが確認されていますし、オリーブオイルには強い抗酸化作用や抗炎症作用があるからです。古くから世界中で活用され、人気のオリーブオイル。食べておいしいのはもちろんですが、健康長寿効果も大いにあるのです。1日大さじ1杯のオリーブオイルがあなたの健康寿命を底上げしてくれるでしょう。本書ではオリーブオイルの健康長寿に役立つ最新情報や、油の健康的なとり方、オリーブオイルを使った認知症予防レシピなどを紹介しています。健康長寿を目指す皆様の一助となることを願っています。

        〜 お茶の水健康長寿クリニック院長 白澤卓二 〜
        (本文「はじめに」より抜粋)

         

         

        《もくじ》

        はじめに
        本書の読み方・使い方

         

        【巻頭】100歳を超える長寿者はオリーブオイル好き!


        ・長寿村が多い地中海沿岸はオリーブの産地
        ・毎日のオリーブオイルで100歳超え
        ・オリーブオイルの「抗酸化」と「抗炎症」

        【コラム/オリーブの歴史1】神話にも登場するオリーブ

         

        【第1章】これぞ最新! オリーブオイルの健康長寿効果
        ・オリーブオイルをとるほうが健康長寿
        ・オリーブオイルでガンのリスクも低下
        ・認知症のリスクを下げるオレオカンタール
        ・認知症に関わるアミロイドβ
        ・骨粗しょう症の予防にも効果あり
        ・オリーブオイルには複数の抗酸化物質!

        【コラム/オリーブの歴史2】旧約聖書では鳩とオリーブ

         

        【第2章】あなたを健康にする油、寿命を縮める油
        ・とってもいい油・控えたほうがいい油
        ・オメガ3とオメガ6のバランスがカギ
        ・知らない間にとっている隠れ油に注意!
        ・慢性炎症への影響が少ないオリーブオイル
        ・加工食品に含まれている危険な油
        ・体にいい油をとることが健康長寿のカギ

        【コラム/認知症予防のカギ1】脳と体を老化させる慢性炎症

         

        【第3章】健康長寿食に活用されるオリーブオイル
        ・健康長寿の要として世界中から注目
        ・オリーブオイル人気の発端は地中海食
        ・最新の認知症予防食「MIND食」

        【コラム/オリーブの歴史3】サマリア人が薬として用いる

         

        【第4章】知っておきたいオリーブオイルの基礎知識
        ・オリーブオイルの分類を知っておこう
        ・オリーブオイルができるまで
        ・香りのほか苦みや辛みもある
        ・かしこいオリーブオイルの選び方
        ・保存方法で気をつけること
        ・意外と知らないオリーブオイルの豆知識

        【コラム/オリーブの歴史4】脳の細胞にもオリーブが!

         

        【第5章】オリーブオイルでボケない──白澤式 認知症予防レシピ
        ・認知症予防にオリーブオイルを活用!
        ・サラダと手作りドレッシング
        ・アレンジいろいろ自家製ドレッシング
        ・サラダには解毒作用のある食材を!
        ・マリネやオイル漬けなど作り置きおかず
        ・オリーブオイルを使った作り置きおかず
        ・オリーブオイルを使った冷製おかず
        ・かける・和えるで手軽にとろう!
        ・オリーブオイルでヘルシー揚げ物
        ・炒め物・煮物もオリーブオイルで!
        ・認知症予防に効くごはんもの・めん類
        ・オリーブオイルを使ったヘルシーデザート

         

        【コラム/認知症予防のカギ2】脳の炎症を招くグルテン
        【コラム/認知症予防のカギ3】脳をサビさせるサラダ油
        【コラム/認知症予防のカギ4】大トロは食べ過ぎ注意

         

        [巻末]国産オリーブの一大産地「瀬戸内海」
        ・オリーブの栽培に適した瀬戸内海沿岸
        ・広島県・江田島で取り組む無農薬栽培

        0

          「お菓子中毒」を抜け出す方法〜あの超加工食品があなたを蝕む〜

          祥伝社より白澤先生の著書

          「「お菓子中毒」を抜け出す方法〜あの超加工食品があなたを蝕む〜」

          が刊行されました。

           

          抗加齢医学の名医が、賢いお菓子の食べ方を教えます!

          是非お手に取ってみてください。

           

           

          〔肥満〕〔生活習慣病〕〔認知症〕〔老化〕〔メンタル〕〔疲労感〕etc.
          仕事・人生に多大なる影響を与えるお菓子の真実!


          仕事中にチョコレート、 
          深夜にポテトチップス・・・
            ――それ、依存症です!

           

          体重がちょっと増えた・・・。
          健康診断の数値が上がってきた・・・。
          「・・・よし、お菓子をやめよう!」
          そう、考える方は少なくないと思います。

           

          しかし、みなさん、その意志どおりにお菓子を止められているでしょうか?
          「また、食べちゃった」と罪悪感を覚えながらも、
          今日も甘いお菓子やスナック菓子を食べ続けていませんか?

           

          この「つい、食べてしまう」のは、
          実は、あなたの意志の弱さのせいではありません。
          “お菓子がもたらす中毒”のせいなのです!

           

          中毒をもたらすお菓子には、もれなく“超加工食品”と呼ばれるものが入っています。
          本書では、みなさんをお菓子中毒に陥らせる【犯人】を挙げつつ、お菓子中毒を解決する方法と、
          お菓子中毒を抜け出すとどんなメリットがあるのかをお伝えします。

           

           

          0

            すべてわかる運転免許認知機能検査

            三才ブックスより白澤卓二先生監修のムック

            「すべてわかる運転免許認知機能検査」が刊行されました。

             

            75歳以上のドライバーの不安を解消!
            「認知機能検査」のすべてがこの1冊で理解できます!!

             

             


            75歳以上の方が運転免許更新時に必ず受けなければならない「認知機能検査」についての解説と対策を掲載しています。
            75歳以上の免許証更新の手順や検査の内容の紹介はもちろんのこと、「認知機能検査」の練習問題と模擬試験も収録。
            これらの問題を解きながら、「認知機能検査」を自宅で手軽に学ぶことが可能です。

            特大サイズ(天地305mm×左右225mm)で文字も大きいため、目に負担をかけずに読みやすい仕様となっています。

             

            是非お手に取ってご覧ください。

             

            0

              超アンチエイジング

              これまでの常識を覆す!
              超アンチエイジングとは?

              メディアで活躍の2人がタッグを組んだ!

               

               

              脳と腸を活性化させることです。
              いつもオシャレをすること。
              20世紀前半の食生活を心がけることです。
               TV・雑誌でお馴染み健康長寿の権威 Dr.白澤卓二


              体内ホルモンを若返らせることですね。
              コツは、明るい色の服を着ること。
              食事20分前にガムを噛むこと。

               肌年齢は22歳!美のカリスマ医師 Dr.日比野佐和子


              やっちゃダメ!ウソだらけの常識
              【食生活】究極のアンチエイジング食はコレです
              【生活習慣】これをやめるとアンチエイジング細胞が2倍
              【ホルモン】キレイがキープできる夢のホルモン
              【腸活】えっ!あの掃除アイテムで腸内環境がダメに?
              【エクササイズ】ここを冷やすと脂肪が増える!!
              【脳科学】掃除と認知機能の意外な関係性とは??

               

              コンビニ、書店にてお買い求めください。

              0

                毎日耳トレ! 〜1ヵ月で集中脳・記憶脳を鍛える〜

                ヤマハミュージックメディアより白澤先生監修のCD付き書籍

                「毎日耳トレ! 〜1ヵ月で集中脳・記憶脳を鍛える〜」

                が発売されました。

                 

                 

                大人気の「耳トレ!」が1ヵ月トレーニングになって登場!
                耳を鍛えれば脳がぐんぐん活性化する!

                 

                耳トレ!は脳の体操!

                耳トレ!とは音を聴きながら耳を鍛えるトレーニングのこと。
                耳のゆがみをなおすことで、聴覚刺激が脳に伝わり活性化するのだ。
                そんな大人気の耳トレ!が1ヵ月トレーニングになって登場。
                「耳を鍛えることは脳を鍛える」こと! 
                ★音源はCDでもスマホでも聴取可能★

                 

                【どんな音を使うの?】
                ・広範囲の音域が含まれる音
                ・視覚風景をイメージさせる環境音

                 

                【何をするの?】
                ・音の速さ、強さ、音色を意識する
                ・音源の方向や距離を捉える
                ・音を分離する

                 

                【オリジナル音楽はどんなもの?】
                ・工夫1    耳の感度を上げるトレーニングを含む
                ・工夫2    集中・リラックス効果がある
                ・工夫3    飽きのこないメロディ、テンポ、リズム

                 

                ■耳トレ!体験者の声
                ・小さな音や複数の音が聞き分けられるようになって楽しくトレーニングできました。音に対する集中力が養われました。

                (52歳・女性)
                ・今まで聞き逃していた音がこんなにもあったのかと驚きました。シンプルなので、飽きっぽい人にもおすすめ。

                (26歳・男性)
                ・長年睡眠不足で悩んでいたのに、CDを聞きながら床についたら、いろいろな音に癒されていつの間にか眠っていました。耳も音を聞き取る習慣ができて変わって、昼は耳トレ、夜は睡眠のためで一石二鳥です。

                (73歳・女性)
                ・「トレーニングをする」=「耳をすます」=「集中力が研ぎすまされる」なんですよね。普段漫然ときいてる音を聞き分けようと努力するだけで、どれだけ脳力使ってるんだという気がします。

                (50代・女性)
                ・左右の聴力バランスが悪いから、バランス訓練の効果が期待できそう!

                (68歳・男性)
                ・日常の音や優しい音楽なので、ストレスなく聞くことができます。だんだんと、音を深く考えながら聞くようになります。普段使っていない脳の部分を使っている感じ。

                (50代・女性)
                ・一生懸命に色々な音を聞いているので、疲れるはずなのに、CDを聴いた後は、何故か頭がスッキリして心地いい。バランスよく色々な音を聞くことで、脳がリラックスするのかも。10年後、20年後を快適に過ごす為の習慣を今から身につけておきたいと感じるこの頃です。

                (40代・女性)

                 

                 

                是非お手にとって、耳トレ!をお試しください。

                0

                  医師&専門家が実践! 本当に疲れが取れる効果10倍!の休息法

                  月刊誌「THE21」の記事の中から特に反響のあった記事をセレクトして掲載した

                  「医師&専門家が実践! 本当に疲れが取れる効果10倍!の休息法」

                  が刊行されました。

                   

                  白澤卓二先生は、

                  「疲れない身体を作る習慣9」で今すぐできる、年齢に負けない習慣についてお話しています。

                   

                   

                  なかなか取れないその疲れ。もしかしたら「休み方」を間違えているからでは・・・?

                  本書は現役で活躍する医師・専門家15人が、「本当に疲れが取れる」休み方を豊富なビジュアルとともに紹介。

                   

                  <主な内容>
                  ●「そもそもなぜ疲れるのか」を科学的に解明 
                  ●タイミングや方法は? 正しい「休憩」の取り方 
                  ●ぐっすり眠れてスッキリ目覚める睡眠法 
                  ●たまった疲れが取れる正しい入浴法 
                  ●疲れない身体を作る食事術 
                  ●肩こりや腰の痛みなどに効く「セルフケア」の方法
                  ●正しい枕の選び方 
                  ●自分でできるリフレクソロジー etc.

                   

                  そして忘れてはならないのが「心の疲れ」。
                  メンタルの専門家が悩みを引きずらないための方法を解説するとともに、話題の瞑想法「マインドフルネス」で、安定した心を手に入れる方法も紹介しています。

                   

                  是非お手に取ってみてください。

                  0

                    こころと体に疲れをためない、ちょっとした習慣

                    『PHPくらしラク〜る♪』の記事を再編集した書籍が刊行されました。

                     

                     

                    いつも時間に追われてへとへと。

                    休日に休んでも、元気が回復しないし、ここ一番でがんばりがきかなくなってきた。

                    イライラやゆううつな気分が、なかなか晴れないこともある・・・。


                    現代を生きる女性たちは、こころも体もお疲れぎみ。そんな毎日を改善するための方法があります。

                     

                    毎日が心地よく変わる「ゆっくり」の習慣 ・・・小林弘幸
                    「体の疲れ」をスッキリとる方法 ・・・石原新菜
                    ほっこり心がなごむリラックス空間をつくろう ・・・岩上喜実
                    「幸せな脳」をつくる6つの習慣 ・・・茂木健一郎
                    “女性ホルモン"アップ大作戦 ・・・対馬ルリ子
                    「許す技術」で心は軽くなる ・・・ 榎本博明 ほか

                     

                    毎日を無理なく過ごすための、ちょっとした工夫や気持ちの切り替え方を多数ご紹介。
                    こころと体をいたわって、笑顔輝く日々を過ごしましょう。

                     

                    『PHPくらしラク〜る♪』の好評記事をまとめて再編集した書籍です。
                    イラスト入りで読みやすくまとまっています。

                    是非ご覧ください。

                     

                    0

                      名医がすすめる! 老けない最強の食べ方

                      シリーズ累計発行部数800面部 楽LIFEヘルスシリーズ決定版!

                       

                      テレビ・新聞でも話題!
                      健康長寿のスペシャリスト
                      日本ファンクショナルダイエット協会理事長

                      白澤卓二監修の「名医がすすめる! 老けない最強の食べ方」が発売されます。

                       

                      肥満、生活習慣病、認知症を防ぐ「老けない習慣」が10年後のあなたを劇的に変える!
                      糖化を防ぎ長寿遺伝子を活性化!

                      老化現象の仕組みや習慣をわかりやすく解説。
                      日常にひそむ「老ける習慣」チェックリストで生活習慣を振り返り、老けない習慣を実践し10年後も健康に!

                       

                      是非ご覧ください。

                       

                      0

                        老けない体に生まれ変わる 奇跡の野菜スープ

                        宝島社より白澤卓二監修の

                        「老けない体に生まれ変わる 奇跡の野菜スープ」

                        が発売されました。

                         

                        テレビ雑誌で話題!
                        長寿研究の権威が直伝
                        簡単スープレシピ

                         

                        がん予防


                        ボケ防


                        ダイエット


                        若返り に驚きの効果!


                        「野菜スープ」は、がん予防や、がん治療中に限らず、病気を遠ざけるために、特別な薬やサプリメントではなく、ふだんの生活のなかでエビデンスの高い方法が試せるという点が画期的で感動ものです。
                        本書では、さまざまな野菜の組み合わせなどで、飽きずに、おいしく野菜スープ生活を続けるためのレシピを50点程度紹介します。
                        料理は、数々の健康レシピを手がける栄養士・落合貴子さん。

                        毎日取り入れやすい実用性を重視したレシピとなります。

                         

                        是非お手に取ってみてください。

                         

                        0

                          体を整える、わたしの習慣

                          宝島社より、白澤卓二監修の書籍

                          「リンネル特別編集

                          体を整える、わたしの習慣
                          9割の人が元気になる!」

                          が出版されました。

                           

                          「ひとりだと、テレビを見ながらいつの間にか食べ終わってしまう」
                          「昨日何を食べたのか、全然思い出せない」
                          「仕事が忙しくて、お昼はだいたい片手にサンドイッチ」というだらだら食いやストレス食い、飽食の時代で内臓疲れが原因の不調が多発しています。
                          生活がすてきなひと、きちんとしているひとは、こうした内臓疲れを招く生活習慣や食生活を送っていません。
                          すてきな暮らし、きちんとした食生活ができているひとの習慣を通して、体を整え健康に導く方法を紹介します。
                           

                          麹や発酵ごはんを食べると
                          毎日元気に過ごせます
                          料理家:真藤舞衣子さん

                           

                          低糖質パンや発酵野菜で
                          体の不調が改善されました
                          東洋医学ライフクリエイター:島田淑子さん

                           

                          サラダディナーで
                          翌朝の疲れがありません
                          料理研究家:門倉多仁亜さん

                           

                          朝は排出の時間だから
                          「漢方塩と水」をとります
                          ヘア&メイクアップアーティスト:西条トモコさん

                           

                          甘酒やライスミルクで
                          胃の負担を減らします
                          ヨガクリエイター:ayaさん

                           

                          朝一杯のスムージーで
                          一日すっきりいられます
                          モデル:AYUMIさん

                           

                          玄米おむすびで
                          体のバランスをとります
                          やまと薬膳主宰・薬膳料理研究家:オオニシ恭子さん

                           

                          亜麻仁オイルを食事にとり入れて
                          もっちり美肌に
                          モデル:田中マヤさん

                           

                           

                          飽食の時代だからこそ知りたい。
                          内蔵をいじめぬくのはもうやめましょう。
                          体がよろこぶ暮らしを。


                          疲れ、だるさ、冷えなど
                          なんとなく不調だなと感じるあなたへ

                          0

                            図解−名医が教える−病気にならない最強の食事術

                            扶桑社より白澤卓二監修の書籍

                            「図解−名医が教える−病気にならない最強の食事術」

                            が発売されました。

                             

                            がん、心疾患、脳卒中、認知症、肥満は自分で防ぐ!
                            Dr.白澤が説く「病気にならずに健康寿命を延ばす食事術」決定版! 

                             

                            〜医学的根拠に基づいた最新の食事法を紹介〜

                            ≪パン+オリーブオイル≫
                            ◎血糖値の急上昇を防ぐ

                            ≪ブロッコリー+ごま≫
                            ◎脳機能の低下を抑制

                            ≪パプリカ+グレープフルーツ≫
                            ◎しみ・そばかすを撃退

                            ≪コーヒー+ミックスナッツ≫
                            ◎脂肪を燃焼させる

                             

                            あなたは大丈夫?健康寿命を脅かす危険な食習慣チェック!
                            □外食が多い
                            □ご飯やパンなどの炭水化物の摂取量が多い
                            □大食い、早食い、どか食い、ながら食いが多い
                            □朝食を食べる日と食べない日がある
                            □加工食品、レトルト食品、インスタント食品をよく食べる
                            □脂っこいものが好物
                            □濃い味つけの食事が好き
                            □甘い清涼飲料水をよく飲む
                            □晩酌は毎日欠かさず、量が多い(ビールなら中瓶1本以上)
                            □夜10時以降によく飲食をする
                            □ほぼ毎日、間食をしている
                            □ストレス発散法は飲み食いである

                             

                            ⇒チェックが4個以上の人はすでに危険信号点滅中。
                            今日の食事からできる詳しい対策は、ぜひ本書にて! 

                             

                            0

                              Dr.白澤のアルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえ

                              主婦の友社より

                              テレビ番組で紹介され大注目、
                              白澤卓二監修の「アルツハイマーの真実と終焉」で紹介されたリコード法を

                              日本人のための最新かつ、日本一やさしいプログラムにまとめた書籍

                              「Dr.白澤のアルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえる」が刊行されました。

                               

                               

                              ・認知症の初期ならば症状は改善する!認知機能の低下は、自分で治せる!防げる! 

                               

                              ・アメリカで話題の認知症の革新的な治療プログラム「リコード法」を、

                              本書では、日本人にあわせた、最新のオリジナル、ドクター白澤式に。

                               

                              ・認知症にならないために、今すぐ何をすればいいのか! その基本は食事にあった!
                              食べるべき食材と避けたいものはこれ!


                              食事で解毒と炎症抑制


                              1 認知症は治せる!予防できる!認知症の主な原因は、「炎症」「萎縮」「毒物」である
                              2 もっとも重要なものは「食事」だった
                              3 何をどう食べるか?朝昼夜の理想の1週間献立
                              4 食べるべき食品 避けたほうがいい食品
                              5 運動、睡眠、ストレス対策 お口の健康、今すぐひとつでも始めれば、認知症が遠ざかる
                              6 効果ぞくぞく報告。お茶の水健康長寿クリニックで行うプログラムも紹介 など。

                               

                              是非本書をお手にとり

                              今すぐ1つでも始めよう!

                               

                              0

                                アルツハイマー病が革命的に改善する33の方法

                                アルツハイマー病予防・治療の最新事情をわかりやすく!

                                 

                                 

                                今日から実践!
                                自宅でできる!
                                “世界最先端”のアルツハイマー病研究の成果をもとにした33の対処法・予防策を、日本人の生活習慣にあう形にアレンジして紹介しています。

                                 

                                すべての40歳以上の方、家族がアルツハイマー病という方に。
                                アルツハイマー病は「治せない」「防げない」の常識を打ち破る一冊!

                                最新のアルツハイマー病の治療・予防に関する研究の成果を反映させた「33の認知機能改善法」。
                                これを実践する人が増えれば、70代でもフルタイムで働き、世界を飛び回る高齢者が、珍しくない存在になるかもしれません。

                                 

                                是非お手に取ってご覧ください。
                                 

                                0

                                  食のパラドックス 6週間で体がよみがえる食事法

                                  世界18カ国で話題沸騰!
                                  US Amazon上位席巻! 高評価〈5つ星〉950件以上
                                   - 今までの常識をそっくり覆す健康本の金字塔

                                   

                                  翔泳社より、白澤先生が翻訳を担当した話題の書籍

                                  「食のパラドックス 6週間で体がよみがえる食事法」が刊行されました。

                                   

                                   

                                  “健康食”が腸を狂わせる
                                  元凶は「レクチン」!
                                  がん、肥満、糖尿病、認知症、自己免疫疾患・・・効果実証、予防にも

                                   

                                  「私は30年あまりの診療経験を通じて、健康問題は実際、とてもささいなことで引き起こされていると悟っていた。
                                  これは大きな健康問題について特に言えることだ。
                                  心の底から言うが、レクチンのような非常に小さなことが重大な健康問題を引き起こすのだ。」
                                  (本書より)


                                  植物4億年の進化が生んだ脅威のタンパク質「レクチン」を排除!
                                  ◆「健康食(といわれる)」NG食
                                  ●豆類全部・・・大豆・枝豆・モヤシ×
                                  ●茶色の食べ物・・・全粒粉パン・蕎麦×
                                  ●野菜・・・トマト・キュウリ・ナス×
                                  ●ナッツや種・・・カシューナッツ・チアシード×

                                  ◆「レクチン」とは?
                                  4億年前、植物は昆虫や動物から身を守り、子孫を残すために「レクチン」という、捕食者の毒となるタンパク質をあみ出しました。
                                  一般的に健康に良いとされる食品、例えば大豆やトマトには、この「レクチン」がたくさん含まれていて
                                  私たちの腸を傷つけ、さまざまな病気や肥満を引き起こします。

                                  ◆グルテンフリーで効果が出ない方へ
                                  よく知られる「グルテン」は、数千種類もある「レクチン」の一種にしか過ぎず、グルテンだけを排除しても、レクチンを排除しなければ効果が上がりません。
                                  病気・肥満の根源は「レクチン」なんです。

                                  ◆まったく新しいタイプの健康本!
                                  「サイエンスヒストリー」と「食事法」が合体した、
                                  今までに類がないタイプのダイエット・健康本です。
                                  多くの健康本は「こうしたら健康になれる」というハウツーだけで完結していますが、本書は、レクチンフリー食の根拠となる、植物がレクチンをあみ出すにいたった経緯を科学や生物学からやさしく説き起こして丁寧に説明しています。
                                  健康本でありながら、読む楽しさも味わえるスケールの大きい本です。

                                  ◆病気を抱える患者の方に
                                  一般向けの食事プログラムのほかに、
                                  【がん】【糖尿病】【認知症】【自己免疫疾患】など病気がある方には、患者向けの特別食事プログラムもご用意しました。
                                  実際に、著者の病院で治療した32症例も詳しく紹介。

                                   

                                  是非お手に取ってご覧ください。

                                  0

                                    70歳からの肉食革命

                                    山と渓谷社より白澤卓二先生の書籍「70歳からの肉食革命」が刊行されました。

                                     

                                     

                                    これまで高齢者が避けがちだった肉食の必要性を栄養面や咀嚼力の維持、食べていい肉・悪い肉といった側面から改めて見直し、正しい肉食生活についてわかりやすく解説しています。

                                    70歳を超えたら、もうメタボは貴にしない。

                                    大好きなお肉をしっかり食べる「70歳からの肉活ライフチェンジ」を軸に健康長寿研究の第一人者である内科医が、ドクター白澤流「肉食養生訓」を紹介します。

                                     

                                    是非お手に取ってご覧ください。

                                     

                                    0

                                      うまい! はやい! ヘルシー! 毎日さかな生活 (趣味どきっ!)

                                      NHK出版より白澤卓二 医学監修のムック本

                                      「趣味どきっ!うまい! はやい! ヘルシー! 毎日さかな生活 」が刊行されました。

                                      NHK Eテレで魚の伝道師 上田 勝彦氏を講師に迎えての番組

                                      「趣味どきっ!」も放送されています。

                                       

                                       

                                       

                                      魚介を手軽においしく食べて健康ライフ
                                      サケ、イワシ、アジ、サバ・・・さまざまな効用のある魚介を、毎日簡単に調理し、おいしく食べてヘルシーな生活を送りたい!そんな願いを持つすべての世代に向けて、魚の漁獲地や魚料理専門店から、魚の特徴やおすすめ料理を学び、さらに元漁師で元水産庁勤務の 魚の伝道士・ウエカツこと上田勝彦氏が、目からウロコの調理法を伝授。


                                      魚はDHAやEPA、良質なたんぱく質をはじめとする体にいい栄養素が豊富。
                                      健康はもちろん美容にも。
                                      毎日魚を食べて健やかに!
                                      = 医学監修 白澤卓二 =

                                       

                                      = Introductionより =
                                      日本はぐるりと、海に囲まれた島国。
                                      500種類もの魚介が獲れる恵まれた国です。
                                      すぐそこにある豊かな食材を日々の食事に生かさないのはもったいない。
                                      切り身であれば、より手軽に、
                                      1尾さばけば、何品もつくれて楽しみが広がります。
                                      生・焼く・煮る・蒸す・揚げると、どんな調理法でも短時間でいけて、
                                      和・洋・中と、味つけも自由自在。
                                      おまけに、魚はほかの肉にはない栄養が豊富。
                                      1日1 食、魚料理にすれば、心は豊か、体は大喜び。
                                      おいしい旬こそ、安くてサイフにもやさしい、
                                      知れば知るほど、いいことずくめな食材なのです。
                                      だから、スーパーの魚コーナーや近所の魚屋に寄ってみませんか?
                                      そして、気に入る魚が手に入ったら、この本の出番です。
                                      よく「魚料理は面倒」といわれるけれど、簡単な方法もたくさんあります!
                                      ここで紹介する魚はほんの一部ですが、ほかの魚を使っても応用がきく料理ばかりです。
                                      「料理のしくみ」を理解して、わが家の魚料理をつくってみてください。 
                                      上田 勝彦

                                       

                                      是非お手に取ってご覧ください。

                                       

                                      0

                                        間違いだらけの危ない「生活習慣」 老化ストップ! まだ間に合う! 医療最前線 実践用決定版

                                        講談社ビーシーから白澤卓二先生の著書

                                        「間違いだらけの危ない「生活習慣」 老化ストップ! まだ間に合う! 医療最前線 実践用決定版」

                                        が刊行されました。


                                        健康長寿に関する情報は日々更新されています。
                                        私たちが日常生活の中でこれまで健康によいと思って実行していたことが、実は老化を促進させ、病気のリスクを高める危険な行為だったという事例は後を絶ちません。
                                        本書はいつまでも元気で長生きをするために必要な、最新の健康知識を集めています。

                                         

                                        〜全部やてはいけない!〜
                                        ・食後の歯磨き
                                        ・朝のジョギング
                                        ・ダイエット食品を食べる
                                        ・8時間睡眠
                                        ・帰宅後すぐの入浴

                                        など

                                         

                                        〜どれも危ない!〜
                                        ・パートナーがいない
                                        ・トキメキがない
                                        ・異性に尽くす
                                        ・明るい部屋で過ごす

                                        など
                                         

                                         

                                        是非お手に取ってみてください。

                                        0

                                          | 1/9PAGES | >>

                                          categories

                                          calendar

                                          S M T W T F S
                                               12
                                          3456789
                                          10111213141516
                                          17181920212223
                                          24252627282930
                                          31      
                                          << March 2019 >>

                                          profile

                                          links

                                          archives

                                          recent comment

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          recommend

                                          search this site.

                                          others

                                          mobile

                                          qrcode